ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです


AEDライフTOP>設置事例>埼玉西武ライオンズ様での設置事例


設置事例

埼玉西武ライオンズ様での設置事例

埼玉西武ライオンズ 本村 剛 様

©SEIBU Lions ©

埼玉西武ライオンズについて

埼玉西武ライオンズは、埼玉県所沢市を本拠地としたプロ野球チームです。
前身の西鉄時代を含め、21度のパシフィック・リーグ優勝、3度のプレーオフ優勝、13度の日本シリーズ優勝、アジアシリーズ優勝など、その輝かしい成績は球史に刻まれています。
今回はその埼玉西武ライオンズの本拠地であるメットライフドーム(旧西武プリンスドーム)のAED設置事例をご紹介いたします。

~メットライフドームについて~
狭山丘陵のなかにあるアウトドア感覚のドーム球場。1979年から西武ライオンズの本拠地球場として球史に残る名勝負が繰り広げられた球場です。1999年からドーム球場となり、2016年シーズンから人工芝を張り替え、新たな球場として生まれ変わっています。
シーズン中にはプロ野球の試合が開催されるのはもちろんのこと、グラウンドが空いている時間には一般の方が草野球をすることもできます。
メットライフドームへのAED設置に関して、埼玉西武ライオンズ事業部 兼 ドーム部次長の本村様から話を伺いました。

AED導入のきっかけ

AEDの設置を検討したのは、2004年にAEDの一般への使用が認められてからまもなくの頃でした。
当時の担当者がAED設置に向けて動き、スポーツ現場におけるAEDの重要性を認識しており、選手に何かあっては困るという考えからチームのトレーナーが携帯するようになったのが始まりでした。
AEDは使っても使わなくても、いくらあっても困るものではないという考えのもと、徐々に球場内などへの設置が進み、台数が増えていきました。

AEDの設置場所

次に施設内のAED設置場所について詳細を伺いました。

現在、ドーム内には計3台、事務所に1台、医務室に1台、ドーム前広場にあるインフォメーションに1台のAEDが設置されており、ドーム内はもちろんのこと、駅前や外周エリアで人が倒れた場合にも対応ができるようになっています。
こどもたちに野球を教えるスクール「ライオンズアカデミー」でも持ち歩き用のAEDが用意されています。
最初は、AED設置場所についての知識も薄く野球開催日にしか入れない場所に設置をしていましたが、コンサートや他の用途でドームを使用することもあり、せっかくAEDを設置しているのだから365日使用できる環境でないと意味がないと思い、日本光電様に相談をして設置場所を変更するなどの対応をしています。

スタッフが持ち歩いているポケットガイドには場内のマップが記載されていて、そこにはAEDの設置場所も明記されています。
試合がある日は、常に医務室にドクター・看護師が控え、有事の際の対応に備えています。
満席時には3万人以上の観客が入るメットライフドームですが、今までにAEDのパッドを実際に体に貼り付けたことは1度だけあるものの、電気ショックには至らず、その場で倒れた方の意識も回復したそうです。

講習について

1年に1回、消防の職員の方に来ていただき救急救命の講習会を開催しています。
以前、他のスポーツ施設で選手が倒れたときに、救急車が中まで入れず、搬送に時間がかかったという事例があるため、試合に関わるトレーナーなどは別途高いレベルの救命講習を受けています。
警備・サービスを委託しているスタッフの方々も講習は受けており、選手はもとより、お客さまに何かがあった場合にもすぐに対応できる環境づくりを心掛けています。

AEDの管理について

AEDの管理は、AEDリモート監視システム「AED Linkage」を活用しています。
AEDに何か異常があった場合、注意喚起のメールが来てAEDの状態がすぐに分かるため、とても重宝しています。
点検担当者は複数名登録することができるので、万が一自分がメールを確認できないときも、他の担当者が対応することができるので安心です。
AEDリモート監視システムがあることで、安心してAEDの管理をすることができます。

埼玉西武ライオンズ 本村 剛 様

  • AEDの基本情報
    • AEDって?
    • 心肺蘇生で救う命
    • AEDの使い方
    • 講習会のご案内
  • 日本光電のAED
    • AED製品情報
    • AEDの日常点検の方法
    • 短期レンタルのご案内
    • 定期点検のご案内
  • AEDに関するお問い合わせ
  • WEBでのお問い合わせ
  • お問い合わせフォーム
  • お電話でのお問い合わせ フリーダイヤル0120-701-699

AED Linkage

救命事例

設置事例

かえでちゃん ぺーたん ぴーたん

かえでちゃん(CAEDE;CPR AED Expert)は心肺蘇生とAEDの普及をお手伝いするキャラクターです。



ページの終わりですページの先頭へ戻る