救命事例

三峯神社様三峯神社での救命事例

権禰宜 経理課長 山中 剛 様
権禰宜 平野 宣夫 様
権禰宜 磯野 順一 様

パワースポットで起きた奇跡

三峯神社は今から千九百年ほど昔、日本武尊がわが国の平和をお祈りし国産みの神様をおまつりしたのが始まりと言われており、とても歴史のある神社です。
毎月1日のみ頒布される白い氣守りを求め、全国から参拝客が押し寄せる、関東有数のパワースポットとしても知られています。
標高1,100mに建つ三峯神社までは、最寄りの秩父駅からは40㎞ほどの距離があり、バスでの所要時間は約75分です。
この三峯神社にて起こった奇跡的な救命事例をご紹介します。

拝殿正面拝殿正面

AEDの設置から初めての使用まで

2014年6月、三峯神社に1台のAEDが納品された。兼ねてからAEDの設置に意欲的だった山中さんは、ようやく念願のAEDを設置できたことに安堵したという。
それというのも、先に述べた通り三峯神社は人里離れた山頂にあり、有事の際に最寄りの消防署から救急車が到着するのにもかなりの時間を有する。
もともとAEDに関する知識のあった山中さんは、万が一のことを考え、参拝者が多く訪れるその神社にAEDを設置することは必須だと考えていた。
AEDの設置から2年4カ月ほどたった2016年10月1日。毎月1日に頒布されるお守りを求めて山頂までの道は多くの車が列をなしていた。その渋滞の中、道の途中にある仮設トイレの付近で男性が倒れ、AEDを使用する事態になったのだ。
救急車が到着するまでは実に40分もの時間を要したが、救急車到着前に、三峯神社からAEDが現場に届き、使用された。男性は一命を取りとめたそうだ。
このことにより、山中さんはAEDの重要性をより強く感じるようになった。

最初の救命からわずか1か月後のできごと

その奇跡的な救命がなされた約1か月後の2016年11月7日、またAEDを使用する事態が発生するとは誰が予測できただろうか。
その日は朝の気温が3℃と11月にしては寒い日だった。
正午ころ、お祓いを受けに来ていた50代の男性が、社務所近くで急に前のめりにバタンと倒れたのだ。周囲の参拝客がざわつく中、すぐに従業員が現場に駆け付けた。
すでに男性の意識はなく、救助が必要な状態だった。周りにいた看護師らしき女性2人が心肺蘇生を開始した。
倒れていたのは50代の男性で、ふくよかな方だった。
仰向けに寝かせたところ、男性はいびきのようなものをかいていた。(死戦期呼吸)
地元の消防団でもある平野さんは、その場で男性の救助にあたった。
同じく現場に駆けつけた磯野さんはすぐに社務所横の宿泊施設1階に設置されているAEDを取りに走った。
磯野さんは今までAEDの使い方を習ったことはなかったそうだが
「AEDのフタを開けると、自動的に音声が流れてきて使用方法を案内してくれて、パッドを貼る位置もイラストに描かれていたので、迷うことなく使用することができた」と磯野さんは語った。
パッドを貼り終えると、「電気ショックが必要です」というアナウンスが流れ、ボタンが光った。磯野さんは周囲の安全を確認し、そのボタンを押した。
「ボタンもショックボタンひとつだけだったので迷わず押すことができた」という。
電気ショックの瞬間、男性の体がビクッと動いた。
その後心肺蘇生を再開したが、ほどなくして男性の意識が戻り、会話ができるまでになった。救助は無事に成功したのだ。
屋外は冷えるため、男性を担架に乗せ社務所内の応接室にて救急隊の到着を待った。
救急隊からの指示により、AEDは体から剥がさずに、貼り付けたままにした。
その頃、山中さんは救急車の先導をするために車で山を下っていた。
秩父消防からの指示があったのか、ドクター2名を載せたドクターヘリが出動し、山の中腹あたりまで到着していた。そこに救急車が到着し、その救急車にドクター2名も乗り込み、山中さんの先導で現場に向かった。
救急隊が現場に到着したのは、なんと119番通報をしてからおおよそ55分後のことであった。

現場に到着後平野さんが救急隊の方に状況の説明を行った。

当時を振り返って

救助に携わった皆様にお話しを伺った。

山中さん:やはり場所柄、救急車が到着するまでに時間を要してしまうので、今回AEDを設置しておいて本当に良かったと感じました。
最初は1台だけの導入でしたが、今回のこともあり設置台数を2台に増やしました。
これで、さらにAEDを少しでも早く使用することができるのではないかと思います。

平野さん:既に、地元消防団等で、普通救命講習を受けたり、秩父消防署職員による三峯神社内での講習も受け、AEDを使用するのに迷いは無く、自然に使用する事が出来ましたが、初めて実際に使用し、その効果に驚きました。

磯野さん:初めてAEDを使ったが、ボタンが1つしかない設計により、有事の際に迷うことなく操作できたことで早期にショックができて蘇生に繋がったと思います。
参拝者の方に何かがあった際には迷わずAEDを使用して、これからも安心して参拝していただけるように見守っていきたいと思います。

左から 権禰宜 磯野順一様、権禰宜 平野宣夫様左から 権禰宜 磯野順一様、権禰宜 平野宣夫様

PageTopへ