点検について

AEDの日常点検の方法

忘れないで日常点検!

AEDは救命処置のための医療機器です。AEDを設置したら、いつでも使用できるように、AEDのインジケータや消耗品の有効期限などを日頃から点検することが重要です。
製造販売業者が、設置者の保守管理の手間を軽減する独自のサービスをご用意しております。お客様のご都合に合わせて、これらを利用し、いつでもAEDが使える状態にしておいてください。


AEDは高度管理医療機器及び特定保守管理医療機器に指定されています。

AEDを設置されたら、点検担当者を配置して、日常の点検や消耗品(電極パッド及びバッテリ)の交換時期の管理を適切に行ってください。

AED設置管理タグをよく見える所に!

毎日ステータスインジケータを確認!

AEDは、毎日自動で、AEDが使用できる状態にあるかセルフテストをしています。
セルフテストの結果は、ステータスインジケータに表示されます。
ステータスインジケータが緑色(使用可能)であることを毎日確認してください。
赤色(要確認)でアラーム音が鳴る場合には、取扱説明書に従い対応し、日本光電までご連絡ください。

ステータスインジケータ

赤色(要確認)でアラーム音が鳴る場合には、フタを開け、診断パネルで異常箇所を確認することができます。

診断パネル

AED日常点検タグをよく見えるところに取り付けましょう

AED日常点検タグは、必ず、電極パッドの使用期限とバッテリの装着日の表示側が見えるように取付けてください。
この表示を元に、電極パッドやバッテリの交換時期を日頃から把握し、交換を適切に行ってください。

AED日常点検タグ

電極パッドの交換

電極パッドには使用期限があります。使用期限に達したときは交換してください。使用期限が過ぎたものを使用すると、電気ショックの効果が得られず、装着部に熱傷を生じることがあります。また、使い捨てですので、使用後は必ず交換してください。

AED-9100シリーズ、AED-9200シリーズ、AED-1200用

AED-9100シリーズ、AED-9200シリーズ、AED-1200用

AED-2100、AED-2150シリーズ、AED-2152用

AED-2100、AED-2150シリーズ、AED-2152用

AED-3100用

AED-3100用

バッテリの交換

AED-9100シリーズ、AED-9200シリーズ用バッテリの待機寿命は約5年です。
AED-1200用バッテリの待機寿命は約2年です。
AED-2100、AED-2150シリーズ、AED-2152のバッテリの待機寿命は約2年または約4年です。 (待機とは、装置にバッテリパックと電極パッドを接続し、フタを閉じている状態をいいます。
バッテリの待機寿命は、設置環境や使用状況により短くなることがあります。それぞれの寿命を保証するものではありません。)
バッテリ残量の目安は、フタを開け、診断パネルで5段階表示で確認できます。
使用済みのバッテリパックは、廃棄に関する法律に従って廃棄してください。

AED-3100用

AED-3100用

AED点検表ダウンロード

AEDの毎日の点検結果の記録は、点検表をご活用ください。(直近3カ月程度の保管が望ましいとされています。)

添付文書について

AEDは医療機器です。医療機器の適用を受ける患者さまの安全を確保し、医療機器の適正使用を図るために必要な情報を提供する目的で作成しています。ご一読ください。

PageTopへ