AED製品情報

小型自動体外式除細動器 AED-M100シリーズ (商品コード:AED-M100)

携帯性と操作性を追求、 さらに使いやすく

ファーストレスポンダーのための携行型AED

特長

  • 小型軽量化を追求した約1.0KgのAED。体積を76%、重量を56%減※1
  • 電源ONと同時に動作音(100回/分)がスタートし、 CPRの質※2をサポート
  • 電極パッドの使用期限や導通確認を含めたセルフテスト
  • -5℃の環境での動作が可能、IP55に準拠した防塵性および 防水性も装備
  • 日本語と英語のバイリンガルに対応可能※3
  • レンタル専用機。スポーツイベントなどの短期間レンタルに対応
① 簡単操作
  • (1)キャリングケースを開けて、電源ボタンを長押しする (2)電極パッドを胸に貼る (3)ボタンを押して電気ショック の3ステップ操作。
  • 電極パッドの装着、除細動の適否、心肺蘇生などの一連の操作を音声ガイドで指示します。
  • 電源ONで100回/分の動作音を開始、胸骨圧迫をサポートします。
  • 電極パッドはあらかじめ本体に接続した状態で保管。緊急時の迅速な使用をサポートします。
  • 電極パッドがしっかり貼られているか、パッド装着指示ランプで表示します。
  • 電極パッドを貼ると自動で心電図解析を開始、電気ショックが必要な場合にのみ充電します。
  • 電気ショックが必要でない心電図波形に変化した場合、充電がキャンセルされる機能がついています。
② 充実したセルフテスト内容
  • 1日1回必ずセルフテストを自動で行います。
  • セルフテストは本体・バッテリ・電極パッドを含めてトータルで行います。
  • セルフテストの結果は、インジケータ(緑=OK・赤=NG)で表示します。また任意のタイミングでいつでもセルフテストで装置の確認ができます。
  • 異常がある場合はアラーム音でお知らせします。
③ メモリ機能
  • 使用時の救助データ(心電図波形・イベント情報)を最大3件90分(1件最大30分)保存します。
  • 毎日のセルフテストの結果を31件、毎月のセルフテストの結果を12件、その他のセルフテストの結果を50件保存します。
④ Bluetoothもしくは無線LAN通信機能
  • 内部メモリに保存された救助データは、除細動レポート表示ソフトウェア(オプション)をインストールしたパソコンにBluetoothもしくは無線LAN通信で取り込みが可能です。
  • 毎日のセルフテストの結果は自動で取り込みが可能です。
小型自動体外式除細動器 AED-M100シリーズ (商品コード:AED-M100)
寸法(mm) 幅199×高さ40×奥行148
質量(Kg) 約1.0(バッテリパック、使い捨てパッドを含む)
付属品 キャリングケース YC-M10V、ショルダーベルト
バッテリ バッテリパック SB-M10V
二酸化マンガンリチウム一次電池(充電不可)
容量:70回以上の除細動ショック、または3時間以上の動作
(新品のバッテリ、20℃のとき)
※待機寿命は、設置環境や使用状況によって短くなります。
電極パッド 使い捨てパッド P-740シリーズ P-749
医療機器承認番号 30100BZX00172000
クラス分類 高度管理医療機器・特定保守管理医療機器

AED-M100の使い方を動画でご覧いただけます。

AED-M100の使い方

・はじめにご確認ください
  ~AEDが届いたら~【00分48秒】
・AED-M100 各部の名称【01分46秒】
・救命に使用する方法【03分16秒】
・次の救命の準備  【08分52秒】
・毎日の点検について【11分10秒】

AED-M100の使い方

東京マラソンTVCM
「救命先進国を、つくれ。」


  1. 当社従来品(AED-3100)との比較
  2. リズム、深さ、リコイル、NFF(The no-flow-fraction)が重要な指標といわれています
  3. 詳しくはお問い合わせ下さい
注意事項注意事項
  • 添付文書を必ずお読みください。
  • 電極パッドは使い捨てです。再使用できません。
  • 未就学児の患者さんには小児モードへ切り換え、2枚のパッドが触れ合うことがないよう注意して、使用してください。
  • AEDに不測の事態が発生した時及び譲渡時(高度管理医療機器等販売業の許可業者に限る)、廃棄時には、日本光電またはAEDを購入された販売店にご連絡ください。
PageTopへ