「まさか」に備える、家庭用AED。

家庭用AEDのご案内 ~ご家庭から心臓突然死を減らすために~

 

年間約7.9万人※1の方が亡くなっている心臓突然死。 その7割以上※2が自宅で発生しています。

ご家庭でのAED設置でご自宅での救命率を高めたい。これは日本光電のAED開発当初からの想いです。

日本光電は「家庭用AED」をこう考えます。

 

レンタル方式のAEDをご家庭での使用に合わせて提供したい。

看護師が自分や家族の持病やかかりつけ医、服薬状況などを元に24時間無料で健康相談に応じてくれるサポートがある。

自宅に駆け付けた救急隊に自分や家族の必要な救急情報を伝える工夫がある。

いざという時の救助に備えていつでも胸骨圧迫(心臓マッサージ)やAEDの練習ができるキットが準備されている。

 

AEDの機器だけの提供だけではなく、いざという時にAEDを使える環境をお客様へ提供したい。

そのため日本光電はセコム株式会社と提携し、日本から家庭での心臓突然死を減らすために挑戦します。

 

世界に誇るAED普及大国である日本が目指す

「救命先進国を、つくれ。」  日本光電のAEDは進化を続けます。

※1 総務省消防庁 令和2年版 救急・救助の現況   ※2 Resuscitation 2006:69 221-228

 

セコム・MyAEDのご紹介

セコムが提供するレンタル式家庭用AEDオンラインパッケージサービスです。セコムがオンラインでAEDの状態を管理します。簡易講習キットも付属しています。あらかじめ救急情報をお預かりし、24時間セコムの看護師に無料で健康相談ができるなど、日ごろの健康管理にも役立ちます。

家庭用AED AED-3101

日本光電ではセコム・MyAEDに家庭用AEDとしてAED-3101を提供しています。

AED-3101の特長
  • 従来品のAED-3100で好評な機能・性能、小型・軽量設計を踏襲し、持ち運びしやすく省スペースに設置が可能です。
  • 成人・小児共通パッドのため、電極パッドを交換せずに、成人・小児モード切換スイッチにより幅広い年代に対応しています。
  • セコム株式会社がAEDの状態をオンラインで集中管理します。毎日/毎月のセルフテスト結果や、機器の異常や電極パッド、バッテリなどの消耗品の交換時期を見守ります。
  • 音声ガイドは日本語に加え、日本語と英語のバイリンガルに設定することが可能です。
  • 心肺蘇生後、最短8秒で解析・充電(200J)を完了するスピード解析・スピード充電を実現しました。心肺蘇生の中断が短く、より早期の電気ショックが可能です。

※AED-3101は国内一般家庭向けのAEDでセコム株式会社からの専売機種です。
 日本光電ではこのほかにも多様なAEDの機種を扱っています。製品ラインアップ、比較表はこちらをご覧ください。

使い方を学ぶ

簡易講習キット AED+CPRトレーニングキット
AED実機と同等な音声メッセージで心肺蘇生の訓練ができるAED+心肺蘇生用簡易訓練キットです。
安全に訓練ができるように本物のAEDとは別に訓練専用としてご用意しました。
セコム・MyAEDとご契約した方には1セット付いています。
商品詳細についてはこちらをご覧ください。
日本光電 AED講習会のご案内
簡易キットだけでなく、しっかりとAEDと心肺蘇生を学びたい方向けに、日本光電では専任のインストラクターによる心肺蘇生とAEDの使用方法を体験できる講習会を行っています。
講習内容の詳細についてはこちらをご覧ください。

ワンポイントアドバイス

AEDを使用することに不安を感じたときは ~パルスチェッカー PLS-1100 のご案内~

目の前に倒れている方がいて、救助すべきかとっさに判断・行動に迷った際に、倒れている方の脈動の有無を検知し、次にとるべき行動のガイダンスを表示します。

製品詳細についてはこちらをご覧ください。

いつもAEDと一緒に ~AEDとの旅行・帰省について~
電車・新幹線での移動

  • 持ち込み禁止の手荷物には該当しません。車内にお持ち込みいただけます。

飛行機での移動(機内持ち込みについて)

  • AED/CPRレスキューキット YZ-043H3 のハサミは刃先6㎝以内のため、航空法での持ち込み範囲内です。
  • AEDのバッテリのリチウム含有量により機内持ち込みが制限される場合があります。
    お手元のAEDのリチウム含有量の確認については、AED保守受付センタまでお問合せください。
  • 航空機への搭載時における推奨条件の一つである「RTCA/DO-160G セクション21 カテゴリM※1」に適合している機種※2もご用意しています。
  • 機内モードに設定することで、AEDリモート監視端末※3との無線電波を送受信しない状態にできます※4
  • AEDを機内に持ち込む際は、事前に搭乗される航空会社にご確認ください。

    ※1 航空機内の客室またはコックピットに装備される機器に対する電磁放射に関する規格。
    ※2 機内モード搭載の機種についてはAED保守受付センタまでお問合せください。
    ※3 AEDリモート監視システムについてはこちらをご覧ください。
    ※4 AEDリモート監視システムの機内持ち込みについてはAED保守受付センタまでお問合せください。

 

AED保守受付センタ

フリーダイヤル 0120-233-821

PageTopへ